長岡・寺泊・柏崎 イベント

長岡空襲の体験者が自身の記憶を描いた絵画展=19日、長岡市

長岡空襲の体験者が自身の記憶を描いた絵画展=19日、長岡市

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 見る

長岡空襲の恐怖克明に 体験者が絵画展

新潟日報

 長岡空襲を体験した市民がその記憶を描いた絵画展が19日、長岡市の長岡戦災資料館で始まった。「爆撃の一夜」をテーマに、逃げ惑う子どもや燃え崩れる鉄工場の様子など50点を展示。戦後70年の節目を迎え、訪れた人は戦争の悲惨さを胸に刻み平和への思いを新たにしていた。

 絵画展は2006年度の長岡市制100周年を記念して募集を始め、今回で9回目。会場には、B29から降り注ぐ焼夷(しょうい)弾や防空頭巾をかぶり逃げ出す親子、炎に包まれた長生橋の様子などが描かれた絵画が並ぶ。

 会場で見入っていた同市の佐藤美智子さん(81)は、11歳で空襲を体験した記憶をたどりつつ「思い出したくないことでも、忘れてはいけないことがある。戦争は嫌だ」と語った。

 同館運営ボランティアの那須高明さん(82)は「空襲で受けた衝撃、悲しみは一人一人違うということを体験者の作品を見て感じてほしい」と話した。5月10日まで(月曜休館)。入場無料。5月23日からは後期企画として「空襲後の長岡」をテーマに展示する。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2015年4月19日~2015年5月10日
会場
長岡戦災資料館
住所
新潟県長岡市城内町2丁目6−17
地図
Googleマップでルート検索
料金
入場無料
注意事項
月曜休館
5月23日からは後期企画として「空襲後の長岡」をテーマに展示する。
問い合わせ先
長岡戦災資料館
【電話】0258-36-3269

長岡・寺泊・柏崎 イベント

長岡・寺泊・柏崎
ニュース

長岡・寺泊・柏崎
スポット