高岡・氷見・射水 イベント

青空の下、山車7基が勢ぞろい。大勢の見物客がきらびやかな装飾に見入った(2015年)

青空の下、山車7基が勢ぞろい。大勢の見物客がきらびやかな装飾に見入った(2015年)

 国重要有形・無形民俗文化財「高岡御車山(みくるまやま)祭」は、高岡開町の祖で加賀藩2代藩主・前田利長が、高岡城を築いた1609年、父の利家が豊臣秀吉から譲り受けた「御車」を町民に与えたのが始まりと伝えられている。通町、御馬出町、守山町、木舟町、小馬出町、一番街通、二番町の絢爛豪華な7基の山車は午前中に各町内を出発し、正午ごろ、片原町交差点付近に勢ぞろいする。7基の山車が巡行する様子は、桃山文化をほうふつとさせる。無形と有形の両方の重要民俗文化財に選定されているのは全国で5件のみ。

 山車の奉曳巡礼は11:00ごろ始まり、片原町交差点での山車7基の勢揃いは12:00ごろを予定する。

 前日の4月30日には18:30~21:00に宵祭として山車のライトアップが行われる。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2016年5月1日
時間
11:00~18:00(雨天中止)
会場
高岡市中心部
住所
高岡市中心部(山町一帯・片原町周辺)
地図
Googleマップでルート検索
注意事項
雨天中止
リンク
高岡御車山保存会 http://mikurumayama.jp/
問い合わせ先
【電話】高岡市観光交流課 0766-20-1301

高岡・氷見・射水 イベント

高岡・氷見・射水
ニュース

高岡・氷見・射水
スポット