新潟・岩室 イベント

「にいがた国際映画祭」をPRする実行委員ら=12日、新潟市中央区

「にいがた国際映画祭」をPRする実行委員ら=12日、新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 見る

にいがた国際映画祭 中韓中心文化伝える17作 市内ロケ地巡り企画 来月20日開幕

新潟日報

 6月に開幕する「にいがた国際映画祭」の概要が決まり、実行委員会は12日、新潟市中央区の市役所本館で上映作品や関連イベントをPRした。25回目の今年は6月20、21日、27日~7月5日の11日間開催し、過去最多日数となる。市の文化交流事業「東アジア文化都市」と日韓国交正常化50年の節目に合わせ、韓国、中国の作品を中心に17作品を上映する。

 映画祭は、映画作品を通じて環日本海地域の国々を知ろうと、1991年から毎年開催している。今年は中央区の新潟市民プラザ、シネ・ウインド、クロスパルにいがたで行う。
 
 初日のオープニングイベントでは韓国映画「風の丘を越えて 西便制」を無料上映。脚本を手掛けた主演俳優、金明坤さんのトークショーを行う。

 韓国関連では、国民的画家として知られた故イ・ジュンソプさんと日本人の妻、山本方子さんのドキュメンタリー「ふたつの祖国、ひとつの愛」、新潟市でロケが行われた日韓合作映画「ノーボーイズ、ノークライ」など、両国の関係を伝える作品を中心に集めた。
 
 中国の作品は、人気時代小説を映画化した「ドラゴン・フォー」シリーズや、流行している青春映画を上映し、現代の中国文化を伝える。

 実行委は、上映作品の監督のトークイベントや市内のロケ地ツアーなども企画している。永井美津子副委員長は「東アジアと日本の関わりや未来を意識した作品を集めた。1本だけでなく多くの作品を見て、イベントも参加してほしい」と呼び掛けている。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2015年6月20日~2015年7月5日
会場
中央区 新潟市民プラザ

新潟・岩室 イベント

新潟・岩室
ニュース

新潟・岩室
スポット