高岡・氷見・射水 イベント

石畳の通りを勇壮に練り歩いた弥栄節の町流し

石畳の通りを勇壮に練り歩いた弥栄節の町流し

 御印祭(ごいんさい)は、高岡鋳物発祥の地、高岡市金屋町の礎を築いた加賀藩2代藩主・前田利長(1562~1614)をしのび、利長の命日である6月20日(旧暦5月20日)に合わせて毎年開かれている。

 19日の前夜祭では、鋳物作業歌「弥栄節(やがえふ)」に合わせて踊る町流しが、国の重要伝統的建造物群保存地区の石畳通りなどを行われる。鋳物師(いもじ)の作業着をイメージした法被姿で踊る姿がりりしい。

 20日の本祭では、利長の墓所前での奉納踊りや、子ども町流し踊りなどがある。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2018年6月19日~2018年6月20日
会場
高岡市金屋町一帯
住所
高岡市金屋町
地図
Googleマップでルート検索
主催
御印祭実行委員会
注意事項
町流しは天候によって中止することがあります。
問い合わせ先
高岡市観光交流課
【電話】0766-20-1301

高岡・氷見・射水 イベント