新潟・岩室 イベント

踊りと音楽の催し「桶に舞う」の会場となる堀川醸造の味噌蔵=新潟市中央区本馬越2

踊りと音楽の催し「桶に舞う」の会場となる堀川醸造の味噌蔵=新潟市中央区本馬越2

新潟県 新潟・岩室 見る

伝統の蔵ラスト舞台に 年明けから解体、新潟の堀川醸造 舞踊や演奏披露21日

新潟日報

 昔ながらの杉の味噌桶(みそおけ)がずらりと並ぶ蔵を舞台に、踊りと音楽の催し「桶に舞う」が、21日午後1時40分から新潟市中央区本馬越2の堀川醸造(堀川万洲夫社長)で開かれる。昨年の秋に廃業を表明しており、年明けには味噌蔵の解体が始まる。その前に多くの人に、醸造文化のまちである沼垂地区を象徴する味噌蔵の様子を見てもらいたいと企画された。

 堀川醸造は1894(明治27)年創業で、120年もの間、伝統的な製法で越後味噌を造り続けてきた。食生活の洋風化が進んで味噌消費量が減ったことや、人材確保の厳しさなどから廃業することになり、桶も蔵とともに解体処分されることが決まっている。

 当日は、その場で感じたものを全身で表現する舞踊家、堀川久子さん(新潟市東区)が、「長年活躍してくれた桶への愛情を込めて踊る」。音楽は、サクソホン、クラリネットなどを使った即興音楽を得意とする鈴木正美さん(同西区)が担当する。このほか上野喜政さんらによる沼垂木遣(や)り太鼓も出演する。堀川社長も蔵の歴史や味噌造りなどについて話す予定だ。

 会場の蔵には六尺桶、七尺桶、八尺桶という3種類の巨大な桶が並ぶ。一部は県外の醸造会社などに引き取られたが、まだ40以上あり、希望者には無償で譲渡もしている。催しにはそれをPRする狙いもある。

 入場無料。暖房はない。問い合わせは、主催の「ワークショップ身体の空」、090(8743)9626。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2015年11月21日
時間
午後1時40分から
会場
堀川醸造
住所
新潟市中央区本馬越2
地図
Googleマップでルート検索
主催
ワークショップ身体の空
料金
入場無料
問い合わせ先
ワークショップ身体の空
【電話】090(8743)9626

新潟・岩室 イベント

新潟・岩室
ニュース

新潟・岩室
スポット