一つ一つ手作業で樽詰めされる小鯛のささ漬け=8日、小浜市川崎1丁目の加工会社

一つ一つ手作業で樽詰めされる小鯛のささ漬け=8日、小浜市川崎1丁目の加工会社

福井県 敦賀・若狭 特産

若狭の味、小鯛のささ漬け お歳暮に向けて生産ピーク

福井新聞(2014年12月9日)

 食欲をそそる、ほんのり桜色―。贈答用として人気の高い若狭の特産品「小鯛のささ漬け」作りが、小浜市内の加工会社で最盛期を迎えている。

 酢や砂糖などを混ぜた調味液に漬けられたレンコダイの身を、杉樽(たる)に一枚一枚手際よく詰め仕上げていく。樽詰めは年末まで続けられる。

 同市川崎1丁目の加工会社では、小浜湾など近海で捕れたレンコダイを3枚におろし、塩を振って冷蔵庫で一晩寝かせる。塩出しした後、独自に配合した調味液に漬けている。

 作業に当たっている田中文子さん(67)は「(味付けは)各店によって違う。うちは表面を白っぽく、中身は生っぽく仕上げている」と教えてくれた。

 8日は酢の香りが漂う作業場で、社員5人が約170個を樽詰めした。畳1畳分の作業台には、調味液をくぐらせたレンコダイの身が山盛りになっていた。

 重さを量ったり、昆布やササの葉と一緒に詰めたりと、全て手作業。田中さんは「みんなで一つのものを作り上げていくんです」と手を休めずに話した。

 そのまま食べてもおいしいが、すしネタやてんぷら、吸い物に入れてもいいという。

 注文のほとんどがお歳暮用で、多い日は300個を製造する日もあるという。関東を中心に全国へ出荷する。

<a href="http://kani.fukuishimbun.co.jp/shopping/index.php" target="_blank">越前がにの商品一覧はコチラ</a>

敦賀・若狭 ニュース

敦賀・若狭
イベント

敦賀・若狭
スポット