軽井沢大賀ホールで開かれる五つのクリスマス公演のチラシをホールのステージで紹介するスタッフ

軽井沢大賀ホールで開かれる五つのクリスマス公演のチラシをホールのステージで紹介するスタッフ

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し

クリスマス音楽の祭典 軽井沢大賀ホールで13日から5公演

信濃毎日新聞(2014年12月12日)

 軽井沢町の軽井沢大賀ホールで、13日の渡辺貞夫オーケストラの「クリスマス・ジャズ・ナイト」を皮切りに23日まで、五つのクリスマスコンサートが開かれる=表。ホールは来春、開館10周年を迎える。約130年前に宣教師が避暑地として見いだし、西洋文化を取り入れて発展した軽井沢の歴史もあり、大賀ホールはクリスマス公演の会場として定着してきた。

 14日は、ともにホールを拠点にする軽井沢少年少女合唱団と軽井沢ファミリーオーケストラが共演。今年は新たに、小学生を対象にしたバイオリン体験を企画した。ファミリーオーケストラの団員が手助けしながら一緒に弾く。

 20日のヘンデル「メサイア」の全曲演奏は、大賀ホールがこだわってきた自主公演。明治時代のカナダ人宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーの来訪以来、多くの西洋人が訪れて育った軽井沢の文化の原点に触れてほしいと、クリスマスに合わせて開き、5回目を迎えた。

 バロック音楽を中心に、古楽器と当時の奏法で演奏する「バッハ・コレギウム・ジャパン」が、同楽団の音楽監督鈴木雅明さんの指揮で、「ハレルヤ」など全47曲を約2時間40分かけて演奏する。

 県内からも生徒が通っている中高一貫教育の新島学園(群馬県安中市)のクリスマスコンサートは23日に開催。2009年から続く恒例の公演だ。合唱とハンドベルを演奏する学園の聖歌隊や、管楽アンサンブルなどが出演。21日は、地元の借宿コーラス、軽井沢女声コーラス、軽井沢吹奏楽団が演奏する。

 問い合わせは大賀ホール(電話0267・42・0055)、有料公演のチケット購入は同ホールチケットサービス(電話0267・31・5555)へ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット