金魚とコイが入った水槽を240個積み重ねた「コイする金魚のクリスマスツリー」

金魚とコイが入った水槽を240個積み重ねた「コイする金魚のクリスマスツリー」

長野県 長野市周辺 祭り・催し

金魚のツリーで小さなコイ見つけて 須坂市動物園

信濃毎日新聞(2014年12月13日)

 須坂市動物園はクリスマスに合わせて13日から、金魚を入れた水槽を積み重ねた「コイする金魚のクリスマスツリー」の展示を同園で始める。金魚とコイ計240匹を透明な水槽に1匹ずつ入れ、台座を含めて高さ2・4メートルの「生きたツリー」を作り上げる。12日は同園の職員らが当日を前に作ってみた。

 アクリル板の三角すいを支えにして、各面に小さな箱型の水槽を80個ずつピラミッド状に積み重ねる。正面側には、黒い金魚が入った水槽をハート形に並べた。アクリル板の中にミラーボールを置くので、暗くなるとイルミネーションの輝きが楽しめる。

 金魚を使った水中アート「アートアクアリウム」を参考に、飼育員の小林正和さん(38)が発案した。ツリーのどこかにコイの稚魚3匹を置く。小林さんは「3匹とも見つけられれば小さな恋(コイ)が大きくなって、恋がかなうかもしれません」と、デートでの来場も呼び掛けている。

 ツリーは13〜14日、20〜21日、23〜25日の午後3時〜4時45分に、同園の中央イベント広場で展示する。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット