「スノーモンキー」を見ようと訪れた観光客でにぎわう地獄谷野猿公苑=29日

「スノーモンキー」を見ようと訪れた観光客でにぎわう地獄谷野猿公苑=29日

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 温泉 アウトドア・レジャー

地獄谷野猿公苑、外国人らでにぎわい

信濃毎日新聞(2014年12月30日)

 下高井郡山ノ内町の地獄谷野猿公苑が、年末を迎え、観光客でにぎわっている。露天風呂に漬かるニホンザルは「スノーモンキー」として海外でも知名度が高く、29日は雪が降っていたにもかかわらず、日本人のほか、欧米や東南アジアなどの観光客が続々と訪れていた。

 今年は例年より雪が多く、公苑は一面の銀世界。イタリアやカナダなどからの観光客は、温泉で温まってくつろいだ表情を見せたり、子どもを背中に乗せて歩いたりする猿の様子を観察し、写真に収めていた。

 同公苑によると、海外からの観光客は12月から増え始め、1~2月がピーク。近年は、ビザの免除などで来日しやすくなった東南アジア各国からの観光客の増加が目立つという。

 タイの首都バンコクから、友人と2人で来日したというアタポン・プラパンさん(27)は「タイの猿は攻撃的だが、ここの猿は礼儀正しくて驚いた」と話していた。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット