軽井沢観光協会が作って販売している軽井沢の絵はがき

軽井沢観光協会が作って販売している軽井沢の絵はがき

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 アウトドア・レジャー その他

軽井沢の絵はがき初製作 観光客の要望踏まえ

信濃毎日新聞(2015年1月13日)

 軽井沢町の軽井沢観光協会は、絵はがきを初めて作り町内4カ所の観光案内所で販売している。案内所に立ち寄る観光客から「絵はがきがないか」との問い合わせが多いことを受けて、軽井沢の観光施設や自然風景など7種類を製作した。この時季、雪を見に訪れるアジアの外国人も多く、雪景色のはがきが人気だという。

 通常サイズ5種と、変形サイズ2種を年末年始に合わせて発売した。一番人気は、雪化粧の木立の上に、ハート形に空がのぞく絵はがき。その空に「KARUIZAWA愛がまんなか」と文字を入れた。軽井沢のアルファベット表記の真ん中に「i(あい)」があることに掛けた。この絵柄をまとめ買いする外国人もいた。

 ほかに、四季の浅間山の写真を1枚に収めたものや、白糸の滝、竜返しの滝、千ケ滝―の三つの滝をまとめたもの、重要文化財の旧三笠ホテルなどの絵柄がある。観光名所の雲場池のはがきを見て「ここに行きたい」と話す観光客もいたという。

 通常サイズは1枚150円、変形は1枚250円。切手は別に必要。問い合わせは軽井沢観光協会(電話0267・41・3850)へ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット