どぶろくの風味を利かせたフロマージュ(手前)とショコラ=上越市鴨島1の菓心亭かまだ子安店

どぶろくの風味を利かせたフロマージュ(手前)とショコラ=上越市鴨島1の菓心亭かまだ子安店

新潟県 上越・妙高・糸魚川 スイーツ

どぶろくスイーツ(上越) 風味残し甘さすっきり

新潟日報(2015年1月19日)

 山あいにある上越市牧区の特産品の一つに、地元農家が棚田のコメで造ったどぶろくがある。新たなファン開拓を狙い、牧商工会が開発したのが「どぶろくスイーツ」だ。口に入れると、どぶろくの芳醇(ほうじゅん)な香りが漂い、しかも甘さはすっきり。女性を中心に人気を呼んでいる。

 「どぶろくが入った洋菓子は珍しい。お酒が飲めない人にも雰囲気を楽しんでほしい」。開発・製造を担当した市内の菓子店「菓心亭かまだ」の鎌田英一さん(39)はPRする。

 フロマージュ、レアチーズ、ショコラ、ケーキ、ゼリーの全5種類。いずれも市の特産品認証制度「メイド・イン上越」に選ばれている。アルコールを飛ばした種類もあり、お酒が苦手な人や子どもも味わえる。

 スイーツに入れるのは、農家民宿2軒が製造する「どぶろく卓」「越の白峰」の2銘柄。日がたつと発酵が進んで辛口になるため、発酵を途中で止めた甘口のものを使っている。

 苦労したのは、スイーツにどぶろくの風味を残すこと。量が多いと生地が水っぽくなって固まらず、少ないと香りが出ない。「そのバランスが難しかった」と鎌田さんは振り返る。

 2013年9月の発売以降、牧区のお土産として定着。もらった市外や県外の人からの問い合わせも多いという。

 鎌田さんは「牧区のどぶろくのおいしさを知ってもらうのも狙いの一つ。地元の人が北陸新幹線でどぶろくスイーツを土産に持って行ってくれたらうれしい」と願っている。

 フロマージュ5個入り900円、レアチーズ4個入り850円、ショコラ6個入り1250円、ケーキ5個入り1100円、ゼリー3個入り1080円(いずれも税込み)。菓心亭かまだ子安店、牧区の割烹新柳などで販売している。問い合わせは牧商工会、025(533)5070、かまだ子安店、025(521)5322。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット