西川一誠福井県知事と懇談するJALの大西賢会長(左)=27日、福井県庁

西川一誠福井県知事と懇談するJALの大西賢会長(左)=27日、福井県庁

福井県 北陸新幹線

小松空港便数を維持、割引も JAL会長、北陸新幹線開業にらみ

福井新聞(2015年1月28日)

 日本航空(JAL)の大西賢会長は27日、福井県庁に西川一誠知事を表敬訪問した。北陸新幹線の金沢開業に対抗し、1日6往復している小松―羽田便の路線便数の維持や、割引運賃を創設したことなどを説明し「(新幹線の開業効果と)一緒になって航空の利用を促進していければ」と話した。

 大西会長は2015年度上期の小松―羽田便について、座席数は約25%減となるが、6往復体制を継続することを決めたと説明。「下期も便数維持のために、居住空間のよい座席の拡充といった競争力がある商品を投入していきたい」と力を込めた。

 運賃は新幹線と競合できる水準まで引き下げており、4月以降も継続する考え。割引運賃のうち、新たに設けた75日前までに予約・購入する「ウルトラ先得」は、片道の最安運賃が9200円となる。「われわれができることは便数を維持して利便性を確保し、新幹線か航空機か悩んでもらえるような魅力的な値段を設定すること。そして新商品を利用し楽しんでもらうこと」と強調した。

 知事は、JALと県が昨年10月の1カ月間、機内食で福井県の食を提供したり機内誌で県内の観光地を紹介するコラボレーション企画「JAPAN PROJECT福井」を展開したことに対してお礼を述べた。

 大西会長は表敬訪問後、今後の県との関わりについて記者団に対し「できるだけ多くの人に小松空港を利用してもらえるよう、2次アクセスも含めて県と連携したい」と述べた。

福井県 ニュース

福井県
イベント

福井県
スポット