霊仙寺湖でワカサギの穴釣りを楽しむ客

霊仙寺湖でワカサギの穴釣りを楽しむ客

長野県 長野市周辺 アウトドア・レジャー

ワカサギの穴釣りが解禁 飯綱町の霊仙寺湖

信濃毎日新聞(2015年1月30日)

 飯綱町の霊仙寺湖で29日、ワカサギの穴釣りが解禁された。快晴となった初日は県内外から245人の愛好家が訪れ、釣り糸を垂らしていた。氷の状態にもよるが、2月下旬ごろまで楽しめそうという。

 霊仙寺湖の観光施設を管理する「オーガニックリゾート」(飯綱町)によると、氷の厚さは60センチほどで例年より数十センチ厚い。この日、中野市の自営業西沢秀夫さん(68)は妻の久子さん(65)と朝から訪れた。「さおを小まめに動かして、群れを誘うのがこつ」と秀夫さん。久子さんは「今晩のおかずになる」と釣果を楽しみにしていた。

 オーガニックリゾートは、毎年春に600万匹分のワカサギの卵を放流しており、県内だけでなく首都圏などから訪れる釣り客でにぎわう。1日に900匹近く釣る人もいるという。

 穴釣りは平日が午前7時〜午後3時、土日祝日は午前6時〜午後3時。入漁料は大人800円、中学生以下400円。問い合わせはオーガニックリゾート(電話026・253・3210)へ。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット