雪の重みで折れた桜の枝。道の駅の来場者に一足早く春を届ける=魚沼市大栃山

雪の重みで折れた桜の枝。道の駅の来場者に一足早く春を届ける=魚沼市大栃山

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 花・紅葉 その他

一足早く春楽しんで 魚沼・道の駅 桜の枝プレゼント

新潟日報(2015年2月6日)

 魚沼市大栃山の道の駅いりひろせは、雪の重みで折れた桜の枝を来場者にプレゼントしている。暖かい室内に半月以上飾れば花が咲き、一足早い春の訪れを楽しめる。

 道の駅が管理する鏡ケ池の周辺はソメイヨシノが植えられている。残雪と桜を同時に楽しむことができ、観光客やカメラマンらの人気スポットとなっている。

 雪の重みで折れた桜の枝は通常、ごみとして処分されるが、道の駅では5年ほど前から有効活用を始めた。つぼみが付いた枝は建物入り口前に置かれ、自由に持ち帰ることができるようにした。

 道の駅を訪れた新潟市西区の看護師、遠山千秋さん(44)は「外は大雪だが室内に桜があれば春を感じられる。きれいに咲くのが楽しみです」と話していた。

 桜の枝がなくなり次第終了する。問い合わせは道の駅いりひろせ、025(796)2500。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース

越後湯沢・魚沼・奥只見
イベント

越後湯沢・魚沼・奥只見
スポット