イベントを開催する施設が掲げるのぼり

イベントを開催する施設が掲げるのぼり

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

桃の節句ちなむ多彩な催し 下諏訪17会場で14日から

信濃毎日新聞(2015年2月7日)

 下諏訪町の温泉旅館や観光施設などが参加する「下諏訪ひな街道まつり」が、14日から始まる。3月31日までの期間中、17会場で催しが行われる。諏訪湖博物館や歴史民俗資料館では、桃の節句にちなんで江戸時代以降のひな人形を展示。和菓子店3店はそれぞれ桜餅を売り出すなど、多彩な内容を用意した。

 催しの日程は施設によって異なる。旅館「奴(やっこ)」(立町)では26日〜3月7日、石に色付けして作る「石雛(びな)」作りの体験会を企画。3月3日には「下諏訪温泉旅館組合女将(おかみ)の会」が諏訪湖時の科学館儀象堂(同)前でかりん湯を振る舞う。同8日には遊泉ハウス児湯(こゆ)(横町木の下)2階、14日には住宅ショールーム「ハウスカ」(西高木)でそれぞれ落語会がある。

 桜餅の売り出しは、新鶴本店(木の下)、福田屋本店(矢木西)、美土里屋(西鷹野町)で。期間はそれぞれ異なり、新鶴本店は3月3日の1日限定。

 「まつり」は2013年から始まった。期間を通じ、17の会場のうち4会場を巡ると記念品がもらえるスタンプラリーも行う。会場や日程、地図、スタンプラリーの台紙を掲載したチラシを観光施設などで配布している。問い合わせは下諏訪観光協会(電話0266・26・2102)へ。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット