穏やかな日差しの中でほころぶ竜峡小梅=天龍村平岡鶯巣のうぐす梅園

穏やかな日差しの中でほころぶ竜峡小梅=天龍村平岡鶯巣のうぐす梅園

長野県 伊那路 花・紅葉

竜峡小梅、待ちわびた「開花宣言」 天龍・うぐす梅園

信濃毎日新聞(2015年2月13日)

 信州に春を告げる村―。天龍村は12日、村特産の竜峡小梅の「開花宣言」を出した。例年並みの早さで、3月中旬に見頃を迎えるという。

 同日午後、同村平岡鶯巣にある「うぐす梅園」で1月中旬から観察してきた村振興課商工観光係の今井渓さん(28)が、1本の木に咲く5輪の白い花を確認した。今年は最も早いもので1月下旬に咲き出したが、その後は雪や寒さの影響で開花が遅れていた。例年だと咲き始めから1週間ほどで開花宣言が出せる咲き具合になるが、今年は3週間近くかかったという。

 15日には同村を中心に「天龍梅花駅伝」が開かれ、大勢の選手が訪れる。今井さんは「今年は開花がなかなか進まずもどかしい思いでした。駅伝に間に合うように咲いてくれてほっとしています」と話していた。

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット