試験点灯で照明が当てられた瑞龍寺の山門=高岡市関本町

試験点灯で照明が当てられた瑞龍寺の山門=高岡市関本町

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

光の伽藍冬空に映え 14日から夜の祈りと大福市

北日本新聞(2015年2月14日)

 高岡市関本町の瑞龍寺で14、15の両日に行われる「夜の祈りと大福市」の試験点灯が13日あり、雪化粧した荘厳な伽藍(がらん)が冬空に映えた。

 午後6時から試験点灯が始まり、関係者が仏殿や山門などに照明を当てて、光の強さや角度を確認。境内に積もった雪も赤や青の光で彩り、冬ならではの演出を加えた。

 「夜の祈り-」は"トイレの神様"として知られる烏瑟沙摩(うすさま)明王などにご加護を祈る行事で、2011年から始まり9回目。両日とも先着700人に心願成就の思いを込めた「龍玉だんご」を無料配布する。県内外の味自慢の店が集う「大福市」や、日本盆栽協会高岡支部の早春盆栽展もある。

 「夜の祈り-」は両日とも午後5時半~同8時半。運営協力費(入場料)は500円、中学生以下無料。会場周辺に駐車場はなく、イオンモール高岡駐車場が利用できる。午後4時45分から、同モールトイザらス側入り口付近とJR高岡駅南口から無料シャトルバスを随時運行する。問い合わせは北日本新聞高岡支社事業部、電話0766(22)2226。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット