ひみ番屋街に到着した観光ツアーの参加者=氷見市北大町

ひみ番屋街に到着した観光ツアーの参加者=氷見市北大町

富山県 高岡・氷見・射水 その他

高岡・氷見結ぶ個人向け観光ツアー開始

北日本新聞(2015年2月16日)

 氷見市幸町のバス会社・西部観光が15日、北陸新幹線開業に向け、個人旅行者をターゲットに高岡と氷見を結ぶ観光ツアー「国宝・瑞龍寺と食の都氷見の旅」をスタートさせた。土、日曜、祝日に通年運行。県のぐるっと富山観光バスツアー造成支援事業を活用しており、氷見市も新年度から助成する方針。

 ツアーは午前10時から午後2時までの約4時間。JR高岡駅を出発し、瑞龍寺、高岡大仏、雨晴海岸を回り、氷見市では光禅寺、ひみ番屋街に立ち寄り、高岡駅に戻る。3月14日の新幹線開業後は新高岡駅を経由し、ひみ漁業交流館魚々座(ととざ)がオープンする4月21日以降は、光禅寺に代わり魚々座に案内する。

 初日は岐阜県と東京都の各1組など8人が利用。出発の際、関係者が記念品やパンフレットを贈り、見送った。

 ツアーは食事なし(大人3千円、小学生以下2700円)、食事付き(同6千円、同5200円)の2コース。前日午後5時までの予約が必要で2人以上から運行。人数に応じワゴン車と観光バスを使い分ける。予約は西部観光。電話0766(72)2179。高岡、氷見の両市観光協会の窓口でも予約できる。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット