ヤマメを釣り上げた沓掛さん=16日、上田市真田町長の神川

ヤマメを釣り上げた沓掛さん=16日、上田市真田町長の神川

長野県 上田・小諸 アウトドア・レジャー

渓流釣り、上田の千曲川支流で解禁 待ちわびた釣り客楽しむ

信濃毎日新聞(2015年2月17日)

 上小漁業協同組合(上田市)管内の千曲川支流で16日、渓流釣りが解禁された。神川、鹿曲(かくま)川、依田川などに解禁を待ちわびた釣り客たちが集まり、ヤマメやイワナ釣りを楽しんだ。

 上田市真田町長(おさ)の四日市橋近くの神川では午前9時ごろ、7人の釣り客が清流に釣り糸をじっと垂らしていた。毎年、解禁日に訪れるという長野市戸隠の会社員原山一利さん(64)は同8時半ごろに開始。少しずつ場所を変えながら「釣れても釣れなくても楽しみ。でも、1時間くらいやって駄目だったら帰ろうかな」。同6時ごろに来た上田市御所の沓掛勝也さん(71)は同9時までにヤマメを6匹釣った。「日が出てきて、やっと釣れてきた。これだけあれば満足です」と笑顔だった。

 同漁協は13日までに、体長15〜18センチほどのヤマメとイワナの成魚500キロずつを管内の河川に放流した。今後、4〜9月に6回に分けてさらに計4・3トンを放す。渓流釣りは9月30日までで、遊漁料は1日券1300円、年間券6400円。渓流釣りはこの日、佐久漁協と南佐久南部漁協管内の河川でも解禁された。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット