「下駄リンピック」で温泉まんじゅう食い競走に挑戦する参加者=新発田市

「下駄リンピック」で温泉まんじゅう食い競走に挑戦する参加者=新発田市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し

下駄に感謝 雪上の熱戦 月岡温泉で「どんど祭り」

新潟日報(2015年2月19日)


 温泉旅館で使われた下駄(げた)に感謝し供養する「どんど祭り」が15日、新発田市月岡温泉で開かれた。月岡カリオンパークでは下駄を使って競う「下駄リンピック」が行われ、参加者は雪上で熱戦を展開。冬の温泉街を盛り上げた。

 祭りは別名「下駄供養祭」として30年以上続く冬の風物詩。下駄リンピックは地元の豊浦中学校が2012年から始め、1年生が総合学習として企画運営を担当している。

 「温泉まんじゅう食い競走」と「下駄飛ばし競争」の2種目が行われ、各男女約40人が参加した。温泉まんじゅう食い競走では、参加者は選んだカードに書かれた色の下駄を竹ざおで釣り上げた後、つるされた温泉まんじゅうにかぶりつきゴールを目指した。

 2度目の優勝をした新発田東中1年の佐久間風(ふう)君(13)は「下駄を釣るのが難しかったけれど、優勝できて良かった」と笑顔で話した。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット