従業員が1匹ずつ丁寧に調理し、皇室に届けられる越前がに=19日夜、坂井市三国町宿1丁目の伊野魚問屋

従業員が1匹ずつ丁寧に調理し、皇室に届けられる越前がに=19日夜、坂井市三国町宿1丁目の伊野魚問屋

福井県 あわら・坂井 グルメ 特産

鮮やか越前がに、皇室へ 坂井・三国 鮮魚店が調理

福井新聞(2015年2月20日)

 皇室に献上する越前がにの調理が19日夜、福井県坂井市三国町の鮮魚店で行われた。従業員が1匹ずつ丁寧に調理した極上のズワイガニは20日に天皇、皇后両陛下をはじめ皇室に届けられる。

 越前がにの献上は1922(大正11)年に始まり、今回で89回目。毎年、同町内の鮮魚店4軒が持ち回りで調理を行っており、ことしは同町宿1丁目の「伊野魚問屋」(伊野勝博社長)が担当した。

 献上するのは三国港に水揚げされた中から厳選した体長約80センチ、重さ約1・5キロのズワイガニ15匹。紅白幕が飾られた室内で、従業員5人が調理に当たった。真水で締めた後、30分ほど釜ゆで。鮮やかな紅色に色づいたカニを調理台の上で形を整え冷ましてから、1匹ずつ箱詰めした。

 献上ガニは20日午後、県職員が両陛下をはじめ、皇太子家、秋篠宮家、常陸宮家、三笠宮家へ届ける。(児島崇之)

あわら・坂井 ニュース

あわら・坂井
イベント

あわら・坂井
スポット