新たに運行される区間

新たに運行される区間

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 十日町・松之山・津南 上越・妙高・糸魚川 北陸新幹線 その他

北越急行 越後湯沢-新井1往復運行 上越妙高駅停車2新幹線を直結

新潟日報(2015年2月20日)


 北越急行(南魚沼市)は19日、北陸新幹線が開業する3月14日から、越後湯沢-新井間を結ぶ列車1往復を新たに運行すると発表した。JRと「えちごトキめき鉄道」の他社路線に乗り入れ、越後湯沢発の便は一部区間で「超快速」となる。上越妙高駅にも停車。上越、北陸両新幹線の駅を結んで利便性を向上させる。

 新たな便は、越後湯沢発が午前9時17分。直江津までは十日町だけしか止まらない。直江津から先は各駅停車となる。直江津で約10分停車することなどから、上越妙高には同10時51分、新井に同11時に着く。

 新井発の折り返し便は午前11時5分に出発し、ほとんどの駅に停車。越後湯沢着は午後0時50分となる。

 ほくほく線(六日町-犀潟間)を運営する北越急行は北陸新幹線開業後の利便性向上に向け、トキめき鉄道の路線への乗り入れを検討してきた。

 北越急行の大谷一人総務部長は「地域の鉄道ネットワークを強化する第一歩。多くの利用があれば、乗り入れ本数を増やすことも考えたい」と話している。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース

越後湯沢・魚沼・奥只見
イベント

越後湯沢・魚沼・奥只見
スポット