長野県 長野市周辺 その他

善光寺大勧進で初の「結縁柱」建立へ 28日から7カ月間

信濃毎日新聞(2015年2月22日)

 4月から善光寺(長野市)で御開帳が始まるのに合わせ、同寺大勧進が28日、大勧進の護摩堂にある不動明王と縁を結ぶ「結縁(けちえん)柱」を境内に初めて建立する。不動明王には厄よけの御利益があるといい、大勧進の吉沢俊一執事は「御開帳の参拝者など大勢の方々に、不動明王と縁を結んでいただきたい」と話している。

 結縁柱は杉の柱で長さ約6メートル。大勧進の小松玄澄貫主が28日、柱に「お魂入れ」して建立する。本堂前に建てて前立本尊と「善の綱」でつなぐ回向(えこう)柱と同じように、結縁柱は不動明王と五色のひもで結ばれ、結縁柱に触れると、不動明王に触れたのと同じ御利益があるとする。

 善光寺の御開帳は4月5日から5月末までだが、大勧進の結縁柱は2月28日から、七五三の参拝客で混み合う時期前の9月28日まで7カ月間建てる。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット