北陸新幹線開業を前に発売されるブラック焼きそば、ホワイト焼きそばのランチパック

北陸新幹線開業を前に発売されるブラック焼きそば、ホワイト焼きそばのランチパック

新潟県 上越・妙高・糸魚川 北陸新幹線 グルメ

ブラック・ホワイト焼きそば ランチパック開発 1日に発売 山崎製パン

新潟日報(2015年2月26日)

 3月14日の北陸新幹線開業を前に、山崎製パン(東京)がご当地グルメの「ブラック焼きそば」(糸魚川市)と「ホワイト焼きそば」(上越市)を使ったパンを開発した。3月1日の発売を前に、同社や両市のPR団体の担当者らが25日、県庁を訪ね、泉田裕彦知事にパンを紹介した。

 両商品は食パンにさまざまな食材を挟んだ「ランチパック」シリーズ。北陸新幹線沿線のご当地グルメの中から、パンに合う素材を探り、本県では焼きそば2種類を選んだ。包装には糸魚川駅、上越妙高駅の駅名や、両市の位置を紹介する地図も盛り込んだ。

 県庁では、山崎製パン新潟工場(新潟市江南区)の播本光三営業課長が「糸魚川駅、上越妙高駅の地域にちなんだ商品として開発した」と説明。試食した泉田知事は「海の香りが残る味。北陸新幹線開業に伴い、地場のものを発信できる商品が作られてありがたい」と話した。

 ブラック焼きそば入りは県内や関東などで、ホワイト焼きそば入りは県内を中心に発売。税抜き150円(メーカー希望小売価格)で販売する。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット