フルーティーな味と香りが特徴の日本酒「鵜の瀬」

フルーティーな味と香りが特徴の日本酒「鵜の瀬」

福井県 敦賀・若狭

酒「鵜の瀬」お水送り前に販売 小浜の名水をアピール

福井新聞(2015年2月27日)

 福井県小浜市の神宮寺の伝統神事「お水送り」が2日に行われるのを前に、香水を川に注ぐ舞台となる「鵜(う)の瀬」の名を冠した日本酒が、地元の酒店で販売されている。

 名水をアピールし、地域活性化につなげようと同市遠敷地区ふるさとづくり推進会が2010年から企画。同市木崎の酒造会社「わかさ冨士」が製造した。辛口ながら生酒特有のフルーティーな味と香りが特徴という。

 720ミリリットル、千円。200本限定。遠敷地区のひらい酒店、井崎酒店で販売。2日は午後から、同市神宮寺の森林の水PR館でも販売する。

 同会では「観光客ら多くの人に味わってもらい、小浜の酒のおいしさを知ってほしい」と話している。

敦賀・若狭 ニュース

敦賀・若狭
イベント

敦賀・若狭
スポット