14、15日に展示されるスイッチバックのジオラマ=上越市中郷区の二本木駅

14、15日に展示されるスイッチバックのジオラマ=上越市中郷区の二本木駅

新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し

二本木駅にジオラマ スイッチバック一目で

新潟日報(2015年3月9日)

 新潟県内で唯一、急傾斜を列車が折り返して進むJR二本木駅(上越市中郷区)の「スイッチバック」を再現したジオラマが完成し、6日までに同駅に設置された。14、15両日の「えちごトキめき鉄道」の開業記念イベントでお披露目される。

 スイッチバックを生かしたまちづくりを進めている中郷観光協会と中郷区まちづくり振興会が企画。長野県の鉄道模型製作会社に制作を依頼した。

 原寸の150分の1に再現したジオラマは横3・6メートル、奥行き0・6メートル。駅舎や周辺の建物などの模型は本物の形と異なるが、折り返し線は忠実に再現。直江津駅(上越市)方面から長野方面に向かうレールは実際と同じように上り坂になっている。模型車両を持ち込んで動かすこともできる。

 二本木駅は、北陸新幹線開業に伴いJRからえちごトキめき鉄道に引き継がれる。イベントでの展示後については、常設展示する方向で同社と協議する。

 まちづくり振興会の竹内靖彦会長(47)は「完成度が高いジオラマができた。ぜひ二本木駅に来て見てほしい」と話している。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット