ほくほく線の超快速「スノーラビット」の出発式。約450人が運行を祝った=14日、十日町市

ほくほく線の超快速「スノーラビット」の出発式。約450人が運行を祝った=14日、十日町市

新潟県 十日町・松之山・津南 祭り・催し その他

ほくほく線十日町駅 超快速にぎわい運んで 「スノーラビット」出発式 Negiccoも祝福

新潟日報(2015年3月16日)


 北陸新幹線開業に伴い廃止された特急「はくたか」に代わるほくほく線の超快速「スノーラビット」が14日、運行を始めた。十日町市の北越急行十日町駅では第1便の出発式が行われ、地域鉄路の新たな顔のデビューを祝った。

 スノーラビットは越後湯沢-直江津間を1日1往復し、普通列車の平均より30分早い最短57分で結ぶ。普通列車と同じ車両を使い、2両編成で十日町駅だけに停車する。

 出発式では北越急行の渡辺正幸社長が「身も心も制服も一新し、新しい時代を切り開く。沿線に愛される鉄道を目指す」とあいさつした。ゲストのNegicco(ねぎっこ)と桑原信之・北越急行十日町駅長が出発合図をし、集まった約450人が見送った。コンコースではねぎっこの写真を印刷した運行開始記念乗車券も販売され、鉄道ファンが列を作った。

 十日町市出身で横浜在住の会社員小林和也さん(24)は「出発式に合わせて帰省した。超快速が古里のにぎわいにつながればいい」と期待していた。

十日町・松之山・津南 ニュース

十日町・松之山・津南
イベント

十日町・松之山・津南
スポット