明かりをともした鯛車と荒波をイメージしたカラフルなイラストのコラボ企画展=新潟市西蒲区

明かりをともした鯛車と荒波をイメージしたカラフルなイラストのコラボ企画展=新潟市西蒲区

新潟県 新潟・岩室 その他

泳げ鯛車 イラストとポップな共演 西蒲・いわむろや

新潟日報(2015年3月17日)


 新潟市西蒲区巻地域の郷土玩具「鯛(たい)車」と巨大なイラストのコラボ企画展「波とともしび」が、同区岩室温泉の観光施設いわむろやで開かれている。日本海に見立てた巨大なイラストをバックに、鯛車が海の中で泳いでいるような雰囲気を楽しめる。


 伝統的な玩具と現代的なイラストを並べ、それぞれの魅力を味わってもらおうと、いわむろやが主催した。

 イラスト作品は、雑誌や広告などさまざまなイラストを手掛けて活躍する西蒲区在住のイラストレーター神田亜美さん(31)が制作した。背景を白く塗った縦180センチ、横560センチの板に、アクリル絵の具で日本海の荒々しい波をイメージした青と水色の波模様を表現した。

 神田さんは「伝統的なものとポップな感じのイラストが合わさり、面白いものができた」と話す。

 同区で鯛車の保存や継承に取り組む住民グループ「鯛車復活プロジェクト」が鯛車約20台を展示。さまざまな高さの台に乗せ、向きを変えるなどして、群れを作って海の中を泳いでいるようにした。これまでの取り組みも紹介した。

 29日まで。18日休館。問い合わせはいわむろや、0256(82)1066。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット