長野電鉄が外国人観光客向けに作った情報誌

長野電鉄が外国人観光客向けに作った情報誌

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 長野市周辺 その他

外国人向けの沿線観光情報誌 長野電鉄、善光寺御開帳機にアピール

信濃毎日新聞(2015年3月20日)

 長野電鉄(長野市)は、善光寺(同)や地獄谷野猿公苑(下高井郡山ノ内町)といった沿線観光地の見どころやアクセス方法を英語で紹介する外国人向けの観光情報誌を作った。外国語の情報誌発行は初めてで、善光寺御開帳(4月5日〜5月31日)を機に増加が見込まれる外国人観光客に北信地方の周遊観光をアピールする。

 長野電鉄の長野、須坂、小布施、信州中野、湯田中各駅周辺の観光スポットやレストランなどを地図で紹介。グループ会社の長電バス(長野市)が各駅で運行する路線バスの時刻表や停留所の場所も掲載し、2次交通利用を促す。

 長電バスが北陸新幹線(長野経由)金沢延伸に合わせて新駅の飯山駅(飯山市)から志賀高原や赤倉温泉(新潟県)に向かう急行バスの新路線を開設したことを受け、両エリアを紹介するページも設けた。

 B5判、24ページのオールカラーで、タイトルは「SNOWMONKEYRESORTS(スノーモンキーリゾート)」。グループ会社が運営・管理する地獄谷野猿公苑では、温泉に入る猿が外国人観光客の間で人気が高いため名付けた。

 3万部刷り、今月下旬から沿線自治体の観光案内所などに置く。現地の業者と提携し、シンガポールで27日から開かれる旅行見本市でも配布するという。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット