夜空に舞ったスカイランタン=14日、津南町秋成のニュー・グリーンピア津南

夜空に舞ったスカイランタン=14日、津南町秋成のニュー・グリーンピア津南

新潟県 十日町・松之山・津南 祭り・催し

津南雪まつり「スカイランタン」 光の舞、冬の新名物に ネットで話題1万人来場

新潟日報(2015年3月20日)

 津南町の恒例行事「津南雪まつり」(実行委員会主催)の目玉イベントで、多数の小型熱気球を夜空に飛ばす「スカイランタン」の人気が急上昇している。美しい光景がインターネットのSNSで全国的に評判となり、14日に開かれた雪まつりには関西や四国からも観光客が訪れた。あまりの人気に周辺が大渋滞するというトラブルもあったが、町は新たな観光資源として期待を寄せている。


 14日午後8時ごろ、ニュー・グリーンピア津南で約1200個のスカイランタンが観光客らによって打ち上げられた。夜空にゆっくりと舞い上がるたくさんの小さな炎。訪れた約1万人は幻想的な光景に魅了された。

 町観光協会によると、スカイランタンは2012年から毎年打ち上げている。初年度の打ち上げ数は約300個で、訪れた人の多くは町民だったという。

 ところが、訪れたことのある人がSNSに夜空に浮かぶスカイランタンの写真を載せたところ「ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』のシーンのようだ」と評判に。同様のイベントは国内では珍しいこともあり、話題は急速に広がった。

 スカイランタンを見るために雪まつりを訪れる人も年々増加。今年は打ち上げ時刻に合わせ、全国から大勢の観光客が押し寄せた。同協会は「雪まつりの日に町中の宿泊施設がほぼ満杯になった。こんなことは初めてではないか。今までにない雰囲気のように感じられた」と驚いた様子だった。

 予想を超える人たちが来場したことで、駐車場に入りきれない車が続出し、周辺の道路では大渋滞が発生。町役場から向かうシャトルバスも通常約20分のところ1時間近くかかり、少なくとも100人が打ち上げに間に合わなかった。諦めて帰った人も多かった。

 町地域振興課は「スカイランタン人気は町の経済にとって大きなチャンス。来年は駐車場を増設するなど対策を考えたい」としている。

十日町・松之山・津南 ニュース

十日町・松之山・津南
イベント

十日町・松之山・津南
スポット