約1500人が一斉にスタートしたハーフマラソン=富山市湊入船町

約1500人が一斉にスタートしたハーフマラソン=富山市湊入船町

富山県 富山・八尾 祭り・催し

青空の下2400人快走 富山マラソン2015プレ大会

北日本新聞(2015年3月23日)

 富山マラソン2015プレ大会兼第25回神通川マラソン大会は22日、富山市の富岩運河環水公園を発着点に行い、全国から集った市民ランナー約2400人が青空の下、ハーフや10キロなど距離・年齢別22部門に分かれ、富山市中心部や神通川沿いを快走した。

 大会長の石井知事がハーフの部でスターターを務め、「日頃鍛えた技とパワーを発揮して完走してほしい」と激励。号砲と同時に選手たちが一斉に走り出した。ことしは例年と違い、富山大橋や富山城址公園周辺など富山マラソンのコースを一部取り入れ、交通規制の敷かれた市街地を駆け抜けた。

 小中学生が参加する2キロ、3キロの部などもあり、河合北日本新聞社会長らがスターターを務めた。

 ロンドン五輪男子マラソン代表の藤原新選手(ミキハウス、富山市)や2010年北海道マラソン男子優勝のサイラス・ジュイ選手(アラタプロジェクト)、昨年の北海道マラソン女子を制した野尻あずさ選手(ヒラツカ・リース、雄山高出)がゲストランナーとして参加した。

 11月1日に行われる県内最大級のフルマラソン・富山マラソンを盛り上げようと、同マラソン実行委員会が主催した。県と富山市、神通川マラソン実行委、同市中体連、同市小学校スポーツ推進連盟、富山テレビ放送、北日本新聞社共催。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット