黒姫駅に停車した「ろくもん」の車内を見学する家族連れら

黒姫駅に停車した「ろくもん」の車内を見学する家族連れら

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 長野市周辺 祭り・催し

北しなの線に「ろくもん」が来た! 開業イベントで見学会盛況

信濃毎日新聞(2015年3月23日)

 しなの鉄道(上田市)は22日、北陸新幹線(長野経由)の金沢延伸に伴ってJR東日本から旧信越線の一部の経営を引き継いだ「北しなの線」(長野―妙高高原)の開業記念イベントを、沿線5駅で開いた。しなの鉄道の人気観光列車「ろくもん」を初めて長野以北で走らせ、各駅で無料の車内見学会を開催。多くの家族連れらでにぎわった。

 見学会は北長野、三才、豊野(以上長野市)、牟礼(上水内郡飯綱町)、黒姫(同郡信濃町)の5駅で開かれた。訪れた約1500人は、県産木材をふんだんに使った内装に触れ、「電車とは思えない」などと話しながらカメラのシャッターを切っていた。

 黒姫駅で3人の孫と一緒に見学した信濃町の会社員大草剛さん(61)は「(北しなの線は)孫もいずれ通学などで使う地域の大事な足。ろくもんで盛り上げてほしい」と話していた。

 ろくもんは、デザインを九州新幹線「つばめ」などで知られるデザイナー水戸岡鋭治さんが担当。昨年7月から軽井沢―長野間で週末を中心に運行している。しなの鉄道は、北しなの線でのろくもんの定期運行について「検討中」としている。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット