雪上車で上がり、バックカントリーを楽しむツアー参加者=妙高市両善寺

雪上車で上がり、バックカントリーを楽しむツアー参加者=妙高市両善寺

新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー

妙高・大毛無山 スキー場跡地魅力目覚めよ 雪上車ツアー好評

新潟日報(2015年3月26日)

 新井リゾートスキー場があった妙高市の大毛無山(1429メートル)でバックカントリースキーを楽しんでもらおうと、地元住民らが14~22日、雪上車によるツアーを企画した。1日6便運行、県内外から計約300人が訪れ、雄大な自然を満喫した。初めての試みに住民は「リゾート地として再活用を目指したい」と手応えを感じていた。

 19日は20人が参加した。雪上車で40分ほど上り、標高千メートルの地点に到着。コースの安全性を確認した後、先頭のガイドに続き、約3キロの距離をさっそうと滑り降りた。富山県黒部市から参加した会社員は「ガイドのサポートがあったので安全に楽しめた。来年もあったらぜひ参加したい」と満足そうな表情を浮かべた。

 ツアーは、東京都でスノーボードに関するインターネットサイトの制作などをし、同スキー場の開発にも携わった塚田卓弥さん(46)が中心となって計画した。地元住民らに働きかけ、実行委員会を組織。ボランティアスタッフとして約40人が集まった。

 同スキー場は運営会社が経営不振に陥り、2006年に廃業した。ゲレンデ跡は3年ほど前から、スキーヤーやスノーボーダーが入って滑るケースが増えている。

 今季の雪上ツアーは終了したが、来季は期間を拡大して実施する方向だ。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット