陽光を浴び見頃となったミズバショウ=31日、五泉市

陽光を浴び見頃となったミズバショウ=31日、五泉市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 花・紅葉

白い妖精陽光に輝く ミズバショウ見頃 五泉

新潟日報(2015年4月1日)

 五泉市菅出にある水芭蕉公園で、ミズバショウが見頃を迎えている。31日には家族連れらが次々に訪れ、愛らしい花と一緒に写真を撮影する姿が見られた。市によると、10日ごろまで楽しめそうだという。

 約2・1ヘクタールの園内に3万株が群生している。散策用に約480メートルの木道が整備され、奥に進むにつれ多くのミズバショウの花が咲いている。薄緑色の花を真っ白な苞(ほう)が包んでおり、白い妖精とも呼ばれる。

 阿賀野市から3歳の孫を連れて訪れた主婦、中沢洋子さん(66)は「好天に誘われて足を運んだ。清楚(せいそ)できれいですね」と笑顔で話していた。

 五泉市などは「春のごせんスタンプラリー」を始めた。花の観賞会場と市内飲食店などを訪れスタンプを集めると、抽選で特産品が当たる。5月31日まで。問い合わせは市商工観光課、0250(43)3911。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット