広くなった「ゆきむら夢工房」の展示・販売スペース

広くなった「ゆきむら夢工房」の展示・販売スペース

長野県 上田・小諸 その他

「ゆきむら夢工房」リニューアル 真田氏関連の品ぞろえ充実

信濃毎日新聞(2015年4月5日)

 上田市真田町長(おさ)の観光案内所「ゆきむら夢工房」が、展示・販売スペースを拡大し4日、新装オープンした。2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の放送を前に、地元ゆかりの戦国武将・真田氏関連の土産品などを充実させ、観光客を呼び込む狙いだ。

 旧展示・販売スペースは約20平方メートルと手狭だったため、市は、隣接する市職員用の事務室約50平方メートルも展示・販売用として改装した。真田氏の家紋「六文銭」をデザインしたキーホルダーやTシャツ、近くの社会福祉法人「かりがね福祉会」が作る県産リンゴのドライフルーツや乾燥エノキなどを販売する。改装前よりグッズは100種類、食品は20種類ほど増えた。

 4日は式典があり、市真田地域自治センターの高橋義幸センター長が「観光客にゆっくり買い物を楽しんでほしい」とあいさつした。市は10月には、ゆきむら夢工房を発着点に真田氏歴史館や山家(やまが)神社など、真田氏ゆかりの場所を巡るバスを運行させる予定。秋には工房内でそば店の開設も目指している。

 営業時間は午前8時半〜午後5時15分。問い合わせは「ゆきむら夢工房」(電話0268・72・2204)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット