雨が降る中、ぼんぼりに照らし出された桜の花=3日、上越市の高田公園

雨が降る中、ぼんぼりに照らし出された桜の花=3日、上越市の高田公園

新潟県 上越・妙高・糸魚川 北陸新幹線 花・紅葉 祭り・催し

ぼんぼりに花映えて 高田城観桜会が開幕 新幹線開業後初

新潟日報(2015年4月6日)


 北陸新幹線開業後初となる「高田城百万人観桜会」が3日、上越市の高田公園で開幕した。同日夜の点灯式では、あいにくの雨の中、3千個のぼんぼりに明かりがともり、咲き始めの桜を照らした。

 午後6時半、来場者のカウントダウンに合わせ、ぼんぼりが一斉に点灯した。日本三大夜桜の一つとされる4千本の桜が浮かび上がると、訪れた人から拍手と歓声が起きた。

 地元関係者は、新幹線効果でさらに多くの観光客が集まることを祈りつつ、明かりと桜を見詰めた。点灯式で村山秀幸市長は「新幹線が開業したのを機に、にぎわいと活力のある観桜会にしたい」とあいさつ。会場で「揚げたこ焼き」を販売している星名弘さん(62)は「昔から有名な高田の桜を県外の人から見てもらいたい」と期待した。

 19日までの会期中は毎晩、高田城三重櫓(やぐら)と桜がライトアップされる。4日は観桜会パレードが行われ、地元の中高校生が吹奏楽の演奏をする。

 日本気象協会によると、高田公園の満開は8日ごろの見込み。

◎最初の土日は交通規制なし

 主催者の上越市などは観桜会期間中の19日まで、市内に11カ所の臨時駐車場を設ける。第1、第2駐車場は全期間開設し、そのほかは桜の最盛期や土日、桜の最盛期の土日限定で開く。

 第1~3の駐車場は有料で、1台につき500円を徴収する。

 4、5の両日はシャトルバスを、上越妙高駅-高田図書館(午前9時~午後9時)と、第1駐車場-第2駐車場-高田図書館(午前10時~午後9時)の2コース運行する。大人片道200円。両日の交通規制はない。

 市は「会場付近は車で混み合うので、ぜひ公共交通機関を利用してほしい」と話している。

 問い合わせは上越観光コンベンション協会、025(543)2777。

◎善光寺も楽しむスタンプラリー あすの御開帳から

 高田城百万人観桜会に合わせ、観桜会会場や長野市の善光寺などを巡るスタンプラリーが5日、始まる。3月の北陸新幹線開業と善光寺の御開帳(5日~5月31日)との相乗効果を狙い、両市の企業などでつくる「長野・上越地域連携協議会」や観光団体が初めて企画した。

 スタンプは上越、長野とも3カ所ずつ設置。上越側は観桜会会場と高田本町商店街の「ほっとステーション五番館」、上越妙高駅の観光案内所。長野側はJR長野駅から善光寺までの間に設けられている。

 上越、長野でスタンプを一つずつ集めると両市の特産品約2千円分が当たるコースに、5個以上で約5千円分が当たるコースに応募できる。締め切りは20日(当日消印有効)。事務局の上越観光コンベンション協会は「観桜会と御開帳との連携で集客効果を最大限に生かしたい」としている。

 応募はがき付きのパンフレットは、スタンプの設置場所のほか、上越側では高田駅前や直江津駅前の観光案内所などにある。問い合わせは同協会、025(543)2777。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット