イチゴの苗の手入れをする斎藤真一郎さん=7日、佐渡市新穂青木

イチゴの苗の手入れをする斎藤真一郎さん=7日、佐渡市新穂青木

新潟県 佐渡 アウトドア・レジャー グルメ

観光イチゴ園オープン 真っ赤な「姫」輝く 佐渡・新穂

新潟日報(2015年4月9日)

 佐渡市新穂地区に、市内で唯一イチゴ狩りが楽しめる観光農園がオープンした。園内の所々で真っ赤に色付いた果実が輝きを放っている。

 新穂青木の斎藤真一郎さん(53)の経営する斎藤農園は、約千平方メートルのハウス内に、本県のブランドイチゴ「越後姫」を約6千株植えた。地面から約1メートル高い位置で栽培しているため、立ったまま摘み取りができる。

 市内にはかつて観光農園が点在したが、現在は数える程しかない。同市によると、収穫体験ができるイチゴ農園は斎藤さんの所だけだという。

 20年近くイチゴの栽培を手掛けてきた斎藤さんは「農業が盛んな島なのに、気軽に体験できる場が少なかった。観光客にも楽しめる農園をつくりたかった」と笑顔を見せる。

 斎藤さんによると、今冬は例年より気温が高く少雪だったため、甘みのあるイチゴができたという。4日にオープンした農園のイチゴは、大型連休ごろには最盛期を迎えそうだ。

 イチゴ狩りの料金は、15日までは30分食べ放題で大人1800円(税別)。6月まで、時期によって料金は異なる。量り売りも行う。午前10時~午後3時。月、金曜は休み。

 問い合わせは斎藤農園、0259(67)7088。

佐渡 ニュース

佐渡
イベント

佐渡
スポット