改装工事の完了を祝う式典が開かれたJR潟町駅=12日、上越市大潟区潟町

改装工事の完了を祝う式典が開かれたJR潟町駅=12日、上越市大潟区潟町

新潟県 上越・妙高・糸魚川 その他

人魚がお出迎え"玄関"見に来て 上越・潟町駅が完工

新潟日報(2015年4月13日)

 改装工事が進められてきたJR潟町駅(上越市大潟区)で12日、完工の記念式典が駅前広場で開かれた。地元に残る人魚やカッパ伝説を取り入れた装いの駅舎に、関係者は地域の魅力発信を期待した。

 潟町駅は鵜の浜温泉の最寄り駅。鵜の浜海岸には人魚の像が立ち、「恋人の聖地」にも認定されている。近くの鵜ノ池ではカッパ伝説が語り継がれる。

 駅舎はJR東日本が昨年11月から改装工事をした。外壁は曲線的なデザインで砂浜や海の波を表現し、人魚の家をイメージ。駅名標やステンドグラスの飾り窓には人魚の姿を採り入れた。待合スペースには人魚とカッパ、地引き網を題材にした影絵の飾りを施した。

 式典では、上越市の村山秀幸市長が「遊び心があふれた駅になった。大潟区の特徴を理解してもらえる工夫が凝らされている」と感謝。大潟観光協会の近藤誠一会長は「地元の伝説を観光客に知ってもらえるのでうれしい」と語った。

 JR新潟支社営業部の中村浩之部長は「北陸新幹線の利用客にも潟町駅へ訪れてもらい、魅力を感じてほしい」と述べた。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット