カタクリが咲き始めた六万騎山で登山道の整備を進める保存会メンバー=10日、南魚沼市

カタクリが咲き始めた六万騎山で登山道の整備を進める保存会メンバー=10日、南魚沼市

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 花・紅葉 アウトドア・レジャー

カタクリそろそろ 南魚沼・六万騎山

新潟日報(2015年4月13日)

 南魚沼市の六万騎山(321メートル)で、残雪の中、カタクリが咲き始めた。六日町かたくり保存会は10日、登山道にロープを張るなどしてシーズンに備えた。

 六万騎山は山全体がカタクリの群生地となっており、1周約1時間のコースが整備されている。南魚沼市内では最も早く花を楽しめる山で、標高も低く登りやすいため、毎年市内外から多くの登山客が訪れる。

 保存会によると、ことしの見頃は20日ごろ。頂上には桜の木もあり、紫色のカタクリのじゅうたんとの競演も楽しめる。

 10日は、頂上近くの南側斜面でカタクリが身を寄せるように咲いていた。登山していた女性は「春ですね」と言いながら、次々に写真を撮っていた。

 六日町観光協会では、18日からカタクリ鑑賞のトレッキングバスツアーを運行する。

 問い合わせは同協会、025(770)1173。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース

越後湯沢・魚沼・奥只見
イベント

越後湯沢・魚沼・奥只見
スポット