「あかね」の1等席から日本海の景色を楽しむ試乗客=19日、直江津沖

「あかね」の1等席から日本海の景色を楽しむ試乗客=19日、直江津沖

新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し その他

軽快スピード景観も太鼓判 直江津-小木「あかね」試乗会

新潟日報(2015年4月20日)

 佐渡汽船直江津(上越市)-小木(佐渡市)航路に21日就航する新造高速船「あかね」の一般試乗会が19日、直江津港を発着点に行われた。抽選で選ばれた市民らが真新しい船の乗り心地を確かめていた。

 試乗会には定員250人に対して千人以上の応募があった。

 672席あり、1等席前方の窓からは、日本海のパノラマが楽しめる。車いす用に広くした通路で、はしゃぐ子どもたちの姿が見られた。あかねは直江津港を出港すると、滑らかに速度を上げ約55キロの最高時速に。約1時間航行し再び直江津港に戻った。

 上越市の幼稚園児、斎藤悠菜ちゃん(4)は「楽しい。また乗ってみたい」と言い、母親の千里さん(37)は「これまでのフェリーに比べて速いのがよく分かる。佐渡が近くなりますね」と話した。

 あかねは従来のカーフェリーより1時間短い1時間40分で両港を結び、1日2往復する。同社の木村毅副社長は「北陸新幹線の開業に伴い、幅広いエリアからの観光客が佐渡へ渡りやすくなる。佐渡の発展に寄与したい」と語った。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット