海外のツアー商品などを扱うエイチ・アイ・エスMIDORI長野営業所。アジアなど近隣への旅行商品が好調だ=27日、長野市

海外のツアー商品などを扱うエイチ・アイ・エスMIDORI長野営業所。アジアなど近隣への旅行商品が好調だ=27日、長野市

長野県 アウトドア・レジャー

大型連休の旅行商品売れ行き好調 観光客の入り込み増期待

信濃毎日新聞(2015年4月28日)

 春の大型連休を迎え、県内の旅行会社では北陸新幹線(長野経由)金沢延伸開業の効果などで旅行商品の売れ行きが好調に推移している。今年の連休は長野市の善光寺御開帳と期間が重なり、県内のホテルやレジャー施設などでも観光客の入り込み増に期待が高まっている。

 近畿日本ツーリスト長野支店(長野市)によると、今年は海外旅行に比べて国内旅行の予約が増加傾向。予約人数は全体で前年同期より1、2割増え、新幹線延伸で人気の北陸方面は2倍に増えた。

 日本旅行松本支店(松本市)の担当者も「新幹線効果で金沢への旅行がかなり人気を集めている」とし、北陸方面への旅行の予約人数が前年同期の3倍に上る。大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)なども人気で、国内旅行全体の予約人数は前年から2割増えた。

 エイチ・アイ・エスMIDORI長野営業所(長野市)によると、海外旅行は韓国、台湾、香港など近隣の国・地域に人気が集まっている。

 JTB(東京)の旅行動向見込みによると、大型連休中に1泊以上の国内旅行に出掛ける見込みの人数は、全国で前年を3%上回る2335万9千人で、1969(昭和44)年の調査開始以来最高。景況感の回復が追い風で、県内観光地の予約状況も堅調だ。

 ホテルメトロポリタン長野(長野市)は、5月2〜5日の4日間の客室稼働率が前年を上回る9割超で、広報担当者は「御開帳の効果」と話す。軽井沢プリンスホテル(北佐久郡軽井沢町)の4月25〜5月6日の稼働率は前年同期比6ポイント上昇し、5月3〜5日は特に予約が集まっている。茅野市・北佐久郡立科町境にある池の平ホテルも家族連れを中心に人気で、約250室の客室は期間中ほぼ満室だ。

 大王わさび農場(安曇野市)は、大型連休中に立ち寄る観光バスの台数が前年を1割程度上回ると見込む。近年は海外メディアに紹介される機会が多く、中国、台湾、マレーシアなどの外国人客が急増したためという。

 27日に開山祭が開かれた北アルプス・上高地(松本市)。25日に本年度の営業を始めた上高地ルミエスタホテルは5月2〜4日はほぼ満室で、百瀬信支配人は「現在は善光寺御開帳に人が流れている感覚があるが、これからに期待したい」としている。

長野県 ニュース

長野県
イベント

長野県
スポット