幻想的に浮かび上がった山門=瑞龍寺

幻想的に浮かび上がった山門=瑞龍寺

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

国宝瑞龍寺きょう28日からライトアップ

北日本新聞(2015年4月28日)

 「国宝瑞龍寺 春のライトアップと門前市」が28日、高岡市関本町の同寺で開幕する。27日に試験点灯があり、大伽藍(がらん)が幻想的に浮かび上がった。瑞龍寺ライトアップ実行委員会(笠井千秋会長)主催、北日本新聞社など共催。

 笠井会長や四津谷道宏同寺住職らが見守る中、実行委メンバーが山門や仏殿などに光を当て、明るさを確かめた。回廊の壁をスクリーンに見立てた「3Dプロジェクションマッピング」の試験投影も行い、絵巻物風の映像を映し出した。

 ライトアップは午後6時半から9時半まで。法堂では"トイレの神様(便所の仏様)"烏瑟沙摩(うすさま)明王の像が間近で見られる。回廊には岐阜県美濃市の「美濃和紙あかりアート展」の優秀作品を展示。総門前で恒例の門前市もある。

 当日券は500円で中学生以下無料。駐車場はなく、高岡市地方卸売市場(同市下黒田)の臨時駐車場、イオンモール高岡(同市下伏間江)の駐車場、高岡駅瑞龍寺口(南口)から無料シャトルバスを運行し、いずれも第1観光駐車場に到着する。30日のみ第1観光駐車場と高岡御車山(みくるまやま)宵祭・ライトアップ会場を結ぶ無料シャトルバスが出る。

 問い合わせは北日本新聞高岡支社営業部、電話0766(22)2224。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット