「いいやま菜の花まつり」が開幕し、一面に咲きそろう菜の花を楽しむ観光客=3日午後1時5分、飯山市瑞穂の菜の花公園

「いいやま菜の花まつり」が開幕し、一面に咲きそろう菜の花を楽しむ観光客=3日午後1時5分、飯山市瑞穂の菜の花公園

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 花・紅葉

春の飯山、黄色い回廊 新幹線駅開業後初の「菜の花まつり」

信濃毎日新聞(2015年5月4日)

 飯山市瑞穂で3日、「いいやま菜の花まつり」が始まった。会場の「菜の花公園」に植わる約800万本とされる菜の花はちょうど見頃。3月に北陸新幹線(長野経由)飯山駅が開業してから初のまつりで、新幹線で訪れる人も目立った。まつりは5日まで。

 公園近くの同市東小学校5、6年の22人による鼓笛隊が園内を行進して開幕を祝った。公園を管理する住民有志の「菜の花さかせるかい」会長の大平孝之さん(46)によると、雪が多かった今年は3月に融雪剤をまき、開花をまつりに合わせた。大平さんは「新幹線で交通手段が広がった。ぜひ足を運んでリピーターになってほしい」。

 市は6日まで、飯山駅と同公園などを結ぶバスを初めて運行。3日はほぼ満席となる便もあった。東京から新幹線で初めて訪れた木村亮一さん(63)は「千曲川の流れや菜の花畑の黄色が見事ですね」と眺めを堪能していた。菜の花さかせるかいによると、大型連休中は菜の花の見頃が続く見通しだ。

 長野地方気象台によると、県内は4日の昼前から南部で、夜の初めごろから北部と中部の広い範囲で雨となる予報。5日は曇りのち晴れ、6日は晴れ時々曇りの見通しだ。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット