多くの写真愛好家が集まる中、およそ半年ぶりに姿を現した樽滝

多くの写真愛好家が集まる中、およそ半年ぶりに姿を現した樽滝

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 その他

樽滝「幻のしぶき」に歓声 木島平で年2回出現

信濃毎日新聞(2015年5月9日)

 下高井郡木島平村の国道403号沿いで8日、年に2回出現する樽滝がお目見えした。中部電力が近くの樽川発電所に続く水路の土砂を取り除く放水によって現れ、「幻の滝」とも言われる。放水前から大勢が集まり、カメラを向けていた。

 放水は午前8時半に開始。勢いよく落ちる水が岩盤に当たって水しぶきを上げると、写真愛好家らが歓声を上げた。樽滝の高さは約50メートルで、午後4時まで毎秒100リットルを放水した。初めて訪れた中野市の畔上二三男(ふみお)さん(78)は「水が岩に当たって分かれる様子が面白い」と話した。

 近くの糠千(ぬかせん)集落では「そば祭り」を開催。地元のそば打ち愛好団体の手打ちそばなどを販売した。

 樽滝は地元の「玉滝不動明王」の例祭に合わせ、毎年5月8日に出現。「紅葉期も放水してほしい」との声を受け、2013年から秋にも実施している。今年は10月25日の予定だ。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット