キャンピングカー向け滞在型施設に改修される建物。手前は駐車場に整備されるスペース=富山市本宮

キャンピングカー向け滞在型施設に改修される建物。手前は駐車場に整備されるスペース=富山市本宮

富山県 富山・八尾 アウトドア・レジャー

立山山麓通年観光に一役 秀愛会が来春にも滞在施設

北日本新聞(2015年5月11日)

 障害者の自立を支援する社会福祉法人秀愛会(富山市稲代・大沢野、澤田和秀理事長)は、同市本宮(大山)の立山山麓スキー場らいちょうバレーエリアで、浴場や炊事場を備えたキャンピングカー向け滞在型施設を来春にもオープンさせる。立山山麓エリアの通年観光を後押しするとともに、障害者に働く場を提供する。秀愛会によると、同種の就労継続支援事業所は県内で初めて。

 秀愛会は、富山市大沢野地域で障害者施設や多機能事業所、ケアハウス、保育園を運営する。滞在型施設は、グリーンシーズンを含めた立山山麓の魅力向上や工賃アップを目的に企画した。

 2013年12月にかつて「レストラン第一荘」として営業していた地上2階建て、地下1階建ての鉄骨造りの建物(延べ約650平方メートル)を取得。今夏にも改装工事に入る予定で、総工費は6千万円程度を見込む。

 施設は通年営業し、休憩スペースや売店を設ける。売店では、同会が運営する事業所で利用者が育てた野菜や炊事用のまき、炭を販売。隣接する駐車場(約1850平方メートル)にキャンピングカーや他車種のマイカーを止め、車内で宿泊してもらう。キャンピングカー用の下水処理施設も整備する。

 身体、精神、知的障害者合わせて約20人を雇用。施設の清掃やチェックイン・アウトの受け付けを担う。澤田理事長は「立山山麓の活性化に貢献したい。観光地でお客さんと触れ合い、社会とのつながりを持ってくれたら」と話している。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット