長野県 木曽路 アウトドア・レジャー

木曽町合併10年記念マラソン 8月30日、旧4町村通る100キロ

信濃毎日新聞(2015年5月14日)

 木曽郡木曽町や町内の各種団体などでつくる実行委員会は8月30日、町の合併10周年を記念して「100キロウルトラマラソン」を開く。旧4町村を全て通るコースにし、途中で町の農産物や特産品を振る舞う計画。旧4町村全体で開くイベントは初で、沿道での応援も含め住民の結び付きを強めることも狙っている。

 コースは福島小学校を発着点とし、三岳地区から開田高原を抜け、日義地区の木曽駒高原を通って100キロを巡る。標高差が800メートルほどあり、途中で御嶽山を眺めることができるルートだ。国道361号のほか、県道や町道など全て舗装された道を走る。

 水や食べ物を提供する「エイドステーション」では、そばやトウモロコシなどを出す予定。レース受付を大会前日の8月29日にし、宿泊施設や商店などの利用も促す。

 木曽町は、2005年11月に旧木曽福島町、三岳村、開田村、日義村の4町村が合併して誕生した。木曽町観光交流課によると、町内のイベントはこれまで旧町村で開かれてきたものを引き継いできており、町全域で開くものがなかったという。星野亮二課長は「成功させて町を盛り上げたい」と期待している。

 申し込みは7月31日まで。定員千人。15歳以上が対象で、18歳以下は保護者の承認が必要。参加費1万2000円。問い合わせは、企画・運営に協力する神奈川県鎌倉市のスポーツ関連会社「パワースポーツ」(電話0467・84・8639)へ。

木曽路 ニュース

木曽路
イベント

木曽路
スポット