ジップラインで滑空を楽しむ生徒

ジップラインで滑空を楽しむ生徒

富山県 黒部・宇奈月・新川 アウトドア・レジャー

立山山麓でジップライン楽しむ 大阪修学旅行生

北日本新聞(2015年5月15日)

 大阪府の豊中市第十五中学校3年生が14日、修学旅行で富山市大山地域の立山山麓スキー場を訪れ、大型遊具「ジップラインアドベンチャー立山」に挑戦した。同校は2012年にも修学旅行で訪れており、運営する大山観光開発は"リピーター"に喜んでいる。

 同校は、初回が好評だったことから再び旅行先に選び、富山市の利用料金補助制度を利用した。中北義久校長は「自然体験が充実し、宿泊先のペンションでのもてなしも良かった」と話す。

 この日は、214人が訪問した。同スキー場らいちょうバレーエリアで、張り巡らされたワイヤを体につなげた滑車で滑り降りた。生徒たちは「鳥になったみたい」「気持ち良かった」と満足した様子だった。別の生徒は、瀬戸蔵山のトレッキングや称名滝周辺のウオーキングに取り組んだ。

 6月4日には同府枚方市第一中学校の3年生約220人も修学旅行で訪れる。大山観光開発の坂井保樹社長は「(再訪は)うれしい。北陸新幹線を使い、首都圏からも来てもらいたい」としている。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット