「信州松本 食と酒の博覧会2015」をPRするポスター

「信州松本 食と酒の博覧会2015」をPRするポスター

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し グルメ

多彩な酒類、県産食材とともに 松本「グルメ博」22日開幕

信濃毎日新聞(2015年5月16日)

 松本城と北アルプスの眺めを楽しみながら県内産を中心とする地ビール、日本酒、ワインを味わう「信州松本食と酒の博覧会2015ふるさとグルメ博」は22日から4日間、松本市の松本城公園で開く。市内の飲食店、酒店などでつくる実行委員会が、信州の多彩な酒類の魅力をアピールして地域の活性化につなげようと初めて企画した。

 これまで市内で県内外の地ビール、県内の日本酒、県産ワインを楽しむ催しを別々に開いてきた各組織が連携。松本商工会議所、松本観光コンベンション協会も加わった。北陸新幹線(長野経由)が3月に金沢延伸したことを受け、北陸地方の酒類の製造会社にも参加を呼び掛けた。

 地ビールは15社、日本酒は25社、ワインは20社程度が出展し、会期中に100種類以上の酒類が味わえる。食品ブースは、県産食材の信州サーモン、信州牛を使った料理などを提供する県内外の15社程度が出展予定。実行委事務局で、三代沢酒店(松本市)専務の福沢崇浩さん(34)は「長野市の善光寺御開帳に訪れた参拝客にも、足を延ばしてほしい」と話す。

 22日は午後3〜7時、23〜25日は午前11時〜午後7時。酒類の価格は200円からで、前売りチケットは200円券10枚つづりが2千円、同20枚つづりは3800円。市内の一部酒店、飲食店、催しのホームページで販売する。問い合わせは三代沢酒店(電話0263・32・1525、日曜定休)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット