朝食を食べながら会話も楽しんだ「まちなかで朝ごはん」=17日、三条市元町

朝食を食べながら会話も楽しんだ「まちなかで朝ごはん」=17日、三条市元町

新潟県 燕・三条・弥彦 祭り・催し グルメ

弾む会話おいしさ倍増 まちなか朝ごはん始まる 三条

新潟日報(2015年5月18日)


 街で朝食を楽しむ「まちなかで朝ごはん」が17日、三条市元町で開かれた。昨年に続いての企画で、今年はこの日が初回。訪れた人は「おいしいね」と言葉を交わしながら地場産の食材を使った料理に箸を進めた。

 一人で食事をする高齢者らに会話のある食卓を楽しんでもらおうと、市が始めた。定期露店市「二・七の市」の開催日に合わせ、ことしは10月までの毎月2回開く。料理は市内のホテルや日本料理店などが旬の地元食材を使って提供する。

 この日の献立はマスの塩焼き、タケノコの煮物、アスパラガスのみそ汁。一人で訪れた人には民生委員や市職員が相席を勧め、高齢者と小学生が一緒にテーブルを囲む姿も見られた。

 三条市の渡辺龍司さん(56)は「会場で偶然会った知り合いとも食事ができた。気持ちのいい季節に豪華な朝食を楽しめた」と満足そうだった。

 次回は27日。午前7時~同8時半。メニューは毎回変わり、一食500円。先着で100食ほど。

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット