北陸新幹線高架下にオープンしたピアタウン青海=16日、糸魚川市

北陸新幹線高架下にオープンしたピアタウン青海=16日、糸魚川市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 北陸新幹線 その他

6店舗にぎわいの核に 高架下に商店街 「ピアタウン青海」開業 糸魚川

新潟日報(2015年5月19日)


 糸魚川市青海地域で、北陸新幹線の高架下を活用した商店街が16日、オープンした。ピアタウン青海と名付けられ、商業スペースに6店舗が出店。早速、多くの市民が訪れ、各店を回るなど門出を祝った。

 商店街は同地域のにぎわいを創出しようと、市が幹線道路の青海通り線に平行する高架下と隣接地約3千平方メートルを利用して整備した。約420平方メートルの商業スペースには鮮魚店と菓子店、ヒスイや雑貨の販売店、ラーメン店、電器店、コインランドリーが並ぶ。市は隣の敷地に市民が使える多目的施設を秋ごろ整備する予定だ。

 オープニングセレモニーでは、青海通り線高架下商店会の山崎昭夫会長が「多くの人が集まるコミュニティー広場として長く愛される場所にしたい。地域の核になるよう力を合わせていきたい」とあいさつ。大道芸のイベントやテント市も開かれ、多くの家族連れらでにぎわった。

 同市田海の男性(68)は「青海の人はほとんどこの道を通る。まちなかの商店がなくなる中、良い場所にできた。盛り上がってほしい」と話した。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット